投資信託の種類って?

 

投資信託はその応募期間や運用方法など様々な区分けの仕方があります。その中で比較的よく目にするのは、運用対象によるものです。

 

この運用対象による区分けではよく話題になるのが……

 

@公社債投資信託、A株式投資信託、B不動産投資信託

 

……といったものです。

 

@公社債投資信託

 

株式を一切組み入れず、国債や金融債などを組み入れの中心にしたものを言います。安全性が高く、収益も安定しているのが特徴でしょう。

 

ただし、短期で解約すると、手数料の負担が大きくなり、元本割れする可能性もあります。

 

一般的には中長期の運用に向いています。

 

A株式投資信託

 

組み込みが株式が中心になっているものを言います。

 

これらの中でも、その組み入れる銘柄によって、「国内株式型」「国際株式型」「バランス型」「インデックス型」「派生商品型」などなど多彩な種類があります。

 

一般的にリスクが高い半面、リターンも期待できるものです。が、当然のことながら、組み入れた銘柄の種類によって性格が決まってきます。

 

B不動産投資信託

 

「REIT(リート)」と呼ばれることも多いです。「Real Estate Investment Trust」の略です。

 

お客から集めた資金は不動産に投資されます。収益源はこの不動産からあがる賃料が主になっています。また、不動産を売買して上がった利益も分配されます。

 

株式投資信託に比べ、リスクは低めと考えられています。株式と同じように証券取引所で売買できます。

 

 

 

 

 

投資信託の選び方って?

 

 

投資信託はたくさんの商品があります。また、「どういった種類のもの」といって考えるにしても、区分方法だってたくさんありすぎて、どの区分で考えたらいいのか迷うぐらいです。

 

初めて投資信託を選ぼうというのならば、まずは以下のことはしっかりチェックするようにしましょう。

 

@運用の目的

 

運用しようとしているお金は……@生活資金で安定性が第一、A少々リスクがあっても、大きく増やしたい……といったパターンが考えられるでしょう。

 

A運用の期間

 

自分が用意しているのが、すぐに使う予定のある資金なのか、あるいは余裕資金で長期運用できる資金なのか。これによっても選ぶ投資信託が変わってきます。

 

Bコストはどのくらいかかるのか。

 

購入する時、解約するときなどに手数料がかかります。また、保持しているだけでも「信託報酬」がかかります。

 

これらを上回るだけの利益を上げているものを選ばないと、元本割れ、つまり損をします。

 

Cその投資信託の運用実績

 

投資信託は元本割れする可能性のあるものです。

 

扱っている業者の方は景気のいい話ばかり前面に出してきますので、自分の方で気をつけておかなければなりません。

 

一応の参考資料として、「運用実績」というのがあります。「ここ何年で資産が何パーセント増えた」といったものです。ただし、これはあくまで過去の話で、これから先も保証されているわけではないことは承知しておきましょう。

 

また、モーニングスター社やスタンダード&プアーズ社といった評価会社がそれぞれの投資信託に「格付け」も発表しているでしょう。これもあくまで参考程度に考えておきましょう。

 

話題のWEBサイト案内

多数ある脱毛エステが混雑し始める6月〜7月前後に行くのは、できる限りよしましょう。夏に脱毛を終わらせたいなら前年の秋口から施術し始めるのが最適なタイミングだと考えています。
http://全身脱毛名古屋なら.com/

 

太ももダイエットとは、太もも周りの不要な脂肪を減らして、足の血のめぐりを良くすることでうまくいきます。私が本当に挑戦してかなり成功した、楽なマッサージ方法をお見せします。
福岡の痩身エステランキング

 

いつもは骨盤の気にならない開閉によって、排便排尿が本当にスムーズに行われたり、質のよい睡眠、質の高い筋肉や骨の強化、女性ホルモンのメンテナンス、老廃物の排出が着実にスムーズに密やかに行われています。
≫≫http://xn--b9j4a5da1b2npeqey445bwcyc.com/